[PR] ペット用品
ゲーム情報、ゲームレビュー、日記、その他いろいろ
War Craft Ⅲ Reign of Chaos レビュー
2009-05-23 Sat 20:00
War Craft Ⅲ Reign of Chaosレビュー
メーカー Blizzard Entertainment お勧め度 ●●●●●●●●●●
 日本販売元 CAPCOM
 プラットフォーム PC

 War Craft(以下WC)は外国のメーカー、ブリザードが製作した大作RTSゲームです。RTSといっても恐らく日本の人は聞きなれないと思いますので、簡単に説明しましょう。ゲームはリアルタイムに進行し、お互いに兵士を生産し、相手の陣地を壊す、簡単にいうとこれだけです。兵士にもいろいろ種類があり、その編成や攻め方などでバリエーション豊かなゲームができます。

 RTSとRPGを融合させた…というフレーズはWC3の紹介してある文にはたいてい書いてあります。兵士の中に特別に強くなるヒーローというのが存在し、それが相手を倒す、モンスターを倒すなどしてレベルアップし、スキルを覚え、いろいろアイテムを持ったりして、他の兵士よりものすごく強くなります。そこが他のRTSと違いRTSとRPGの融合と呼ばれるところです。これはなかなか面白く自分の育てたヒーローが敵との交戦で活躍できると思わずにんまりしてしまいます。逆にレベル上げが遅れると「うおー相手のレベル高!!」と思わず逃げ腰になってしまったり。

 WC3にはキャンペーン、カスタムゲーム(COM相手に練習や、UMS(後で紹介))、そしてバトルネットがあります。一個一個紹介していきましょう。まず、キャンペーンモード。これはRPGみたいにストーリーがあり、主人公のレベルが上がっていきます。個人的にダークファンタジー的な世界観がお気に入り。EDなどにはいるムービーはものすごい迫力があります。さらに、敵を殲滅というだけでなく、○○分陣地を守れ、とか○○まで到達しろなどミッション内容も多様で面白いです。ストーリー内容も結構面白いです。
 次ぎにカスタムゲーム。これはCOM相手に練習したりUMSを一人でやるところです。
 最後にバトルネット。そのままの意味で、ネットで対戦をやるところです。対戦のモードもいろいろあり、ラダー(コンピューターが対戦相手を選び対戦する)、カスタムゲーム(自分でゲームを開いたり、他人が開いたゲームに参加する。UMSなど)、トーナメントなどがあります。WCで一番いいのはこのラダーですかね。これは対戦すると勝ち負けで経験値が与えられ、レベルアップします。あまりレベルが違う人とは当たらないようにコンピューターが対戦相手を決めます。なので、いきなりものすごいレベルの高い人 とあたってしまう心配はありません。まあ、初心者狩りなどがあったりはしますが。事前の相談なしで、プレイボタンを押すだけで、対戦ができる気軽さがいいです。
 
 WC3にはワールドエディタというのがあります。これを使って自分のオリジナルマップやWC3のエンジンを使って、オリジナルゲームを作成することができます。これがUMSといわれるもので、一人用のRPGから数人用のRPG、またはアクションゲームのようなものからFPSのようなもの、スポーツゲームのようなものと色々なものがあります。

 とまあ、ココまでは単なるWC3のゲーム紹介ですね。書いてきたようにWC3は色々と遊べてこれ一本でずーと遊べます。キャンペーンは最初はごく普通の話ですが、途中から歯車がおかしくなっていき、主人公が堕ちていくさまがなんとも。個人的にはオークのスロールが気に入ってます。アンデットのキャンペーンの最後の話は結構個人的に好き。インフェルノとかが空中から落ちてきて参戦するのがかなりカッコイイ。バトルネットはキャンペーンとはまったく違ったゲームになります。
 普通のゲームは操作が結構忙しい。さらに人によって、いろいろやり方が違いますからかなり面白いですね。うあーあっちのユニット編成は自分のと比べると相性が悪なぁ。や、ヤバイ!!って感じで。さらに相手のヒーローのレベルを見てウオー向こうがレベルが高い!!もうあんな上級ユニットがでてる!!などなどと。また、状況判断も結構難しいですね。引くべきかこのまま突っ込むべきかと。選べる種族も、ヒューマン、オーク、アンデッド、ナイトエルフ、と4種族から選べます。自分は主にナイトエルフを使っています。理由は「カッコイイ!!」それだけです(爆)各種族特徴的で、一種族をやって、また別の種族を選んでみると、また新鮮な感じがします。

 今まで書いてきたとおり、WC3は遊び方がいろいろあり、これを一つ買うとその後ゲームを買わなくても長々と遊べます。プレイ人口も多いので、相手がいないなぁとなることもありません。ゲーム好きな方は買ってみて損はないでしょう。対戦が苦手な人もキャンペーンとUMSで結構楽しめます。というより対戦しなくてバトルネットのカスタムゲームでUMSでずっと遊ぶ人もいるようです。なんだかんだいって、これだけ面白いゲームはほとんどありませんので興味がある人は多少高いですが買ってみましょう。
別窓 | ゲームレビュー | コメント:0 | トラックバック:0
ETERNAL ARCADIA エターナルアルカディア レビュー
2009-05-23 Sat 20:00
ETERNAL ARCADIA エターナルアルカディアレビュー
メーカー セガ お勧め度 ●●●●●●●●●○
プラットフォーム DC

 君も大空を征する者、「空賊」になってみないか? 
 これはエターナルアルカディアのパッケージに書いてある言葉です。ここでほとんどの人が海賊でなくて空賊?と思うことでしょう。そう、このRPGの舞台は大空なのです!!

 自分達の世界と違いこのゲームの主人公ヴァイスの住む世界は空に島が浮いており、空に浮かぶ船で行き来しす。ちなみに空賊には2つの種類があり悪逆非道の空賊は「黒の空賊」、ヴァイス達みたいな義賊っていうのかな、は「青の空賊」と呼ばれているようです。

 このゲームのいいところは冒険!!これにつきるかも知れません。未知なる地域へ、未知なる領域へ、と冒険できます。最初にいける領域は狭いのですが、自分の船がどんどんパワーアップしていき行ける領域がどんどん広がります。また、世界一周をやり遂げたり、未知なる大陸を発見したりと大航海時代を追体験できます。いろいろな発見物を探し回るのも楽しみの一つですね。ちなみに発見物をギルドに届け出ると発見者として名前が残ります。自分的にこの大空での大航海時代という世界設定がものすごく気に入っています。

 ストーリーはかなり王道のような気がします。変にこった設定などはなく、分かりやすいストーリーという感じでしょうか。分かりやすい簡単なストーリーといってもかなり完成度の高いシナリオ構成だと思います。ちょっと残念なのは戦闘でしょうか。同じころにでたRPGと比較してもちょっとうざいシステムというかなんというか…せっかくの売りであるはずの船による砲撃などが使える戦闘もちょっとテンポが悪すぎるような気がします。あと一つ自分の基地を自分好みにカスタマイズできるのですが、そのカスタマイズの幅が結構狭いような気がします。せっかくできるようにしたならもっといろいろできるようにして欲しかったです。

 というわけで戦闘にちょっと難有りですが、久しぶりにその世界を冒険できるRPGをやったという感じです。時間を忘れてヴァイス達と一緒に世界を巡り、ストーリーを進めることができます。色々とめんどくさい設定や暗いストーリーが嫌な方は一度やってみてはどうでしょうか。幼き日の冒険心が戻ってくるかもしれません。
別窓 | ゲームレビュー | コメント:0 | トラックバック:0
Power Smash 2
2009-05-23 Sat 19:28
Power Smash 2
メーカー セガ お勧め度●●●●●●●●○○
プラットフォーム ドリームキャスト

 簡単操作で楽しくテニスをできる、まあコレにつきます。この簡単に楽しくというのがいいですね。ゲームのモードは、トーナメントモード、対戦モード、ワールドツアーモード(自分のキャラを作製して育てるモード)があります。難易度も4つあり上のほうは結構難しいです。

 お勧めは対戦とワールドツアーと人とタッグを組んでのCOM戦ですね。人とやるのはかなり面白いです。前衛が何故か二人になったりして(爆)最高4人まで同時プレイができます。みんなでワイワイやるにはもってこいのゲームでしょう。対戦だとお勧め度は9にしてもいいできです。ワールドツアーは自分のキャラを強くすることができます。どのようにして強くするかというと色々なミニゲームをこなしてステータスを上げていくという方法です。ステータスが上がるにつれミニゲームの難易度も高くなります。そして試合にでて、賞金を貰い、新しいユニフォームやらラケット、コートを購入できます。ミニゲームをクリアしたり、条件を満たすと特別なラケットをもらえたりします。まあ、かなり謎めいたアイテムですが(笑)ちなみにすべてのステータスをマックスまで上がるとかなり強いキャラができます(当然か…)

 操作は簡単でスライスショット、トップスピン、ロブショットにそれぞれボタンが配置されています。他にもやり方によってはいろいろ打ち分けることもできますが、それは実際にやってみて慣れればすぐにできます。サービスの打ち方もメーターがあり、上のところで打つと早い球が、下のところで打つと遅い球が、レバーを傾けると曲がるというように分かりやすいです。

 しかし、やってみたら分かりますが、自分が操作しているキャラが何故か不明なミスをしたりします。ボタンを押しているのに反応しないとか、ボールをすかしたり。まあ、人間がする場合ミスはあるのでしょうがない設定といえばしょうがないのですが、できればやめて欲しい設定でしたね。あとはリアルな路線でやりたいのかそうでないのかがいまいち分かりません。キャラなどを見るとリアルでやりたいのかな?と思いますが、キャラの動きやボールの打ち方、ボールの軌道など実際ではありえない動きをします(笑)どうせなら、簡単操作で面白く!!ともっとありえない動きで面白くするのか、リアルなテニスゲームにするかを特化させると良かったと思います。個人的にはありえない動きで面白くを特化して欲しかったですね。なんでそれがとれないんだ~~~となるよりなんでそれが取れるんだよ(笑)とワイワイやるほうが面白いので。これが、なんでとれないんだ?という場面となんで取れるんだ?という場面があり、いまいちどういうふうになってるのか分かりませんでした。一応パッケージにはリアルテニスとなってますけど。

 ワールドツアーのミニゲームや、対戦とかなり面白いのでやったことない人はやってみていいでしょう。今ならPS2のザベストかなにかででていると思いますので。なんだかんだいって、スポーツゲームにはほとんどはまらない自分がはまった数少ないスポーツゲームでもありますので。
別窓 | ゲームレビュー | コメント:0 | トラックバック:1
サクラ大戦3 巴里は燃えているか レビュー
2009-05-23 Sat 19:28
サクラ大戦3 巴里は燃えているかレビュー
メーカー セガ お勧め度 ●●●●●●●●●● 
 プラットフォーム DC 

 ドリームキャスト最後の大作!!2Dと3Dの融合!!とかそういう感じで今は亡きDCででたサクラ大戦3のレビューです。ちなみに1年後にサクラ大戦4がDCでしれっとでてたりします。

 サクラ大戦もたくさんでています。1,2,3,4、血潮にファンディスクがもろもろ。その中で誰かにお勧めする場合はなんといってもこの3を勧めます。まずOPがすごい。テンポのいい音楽に映像、かっこよくフランス語がぽんぽんでてきたり(意味は分からないが)OPでまずオオーとなります。

 ゲーム自体は何か事件が起こってイベントパートがあって、その後戦闘パートに移行する感じです。イベントパートではいろいろなイベントが起こるので1回クリアしても2週目、3週目と飽きずに遊べるようになっています。残念なのはイベント途中で挿入されるアニメーション。OPアニメがすごい出来だっただけになにか物足りない気がしました。ただ売りである2Dと3Dアニメーションの融合は必見です。あとストーリーがちょっとつっこみどころがあったりしましたがあまりそれを感じさせないテンポのよさとのりのよさがあります。

 戦闘パートは今までのサクラ大戦が移動→攻撃→終了の繰り返しでちょっとテンポが悪かったのがARMSの採用によって戦闘が面白くなりました。移動、攻撃、終了は変わらないのですが行動ポイントみたいなものがありそれを消費することにより移動、攻撃、防御、必殺技などをやるので必殺技、移動、移動、別のキャラに攻撃とかができます。また必殺技を使ったときに流れるムービーがものすごくかっこいいです(2回目の合体攻撃除く(笑)。ただ難易度はほぼないといっていい感じで誰でもできるという点ではいいのですが、ちょっと物足りない気もします。

 このゲームやって見た感想を簡単にいうと「無駄に豪華で華やか」そんな感じです。舞台がパリなのでそう感じるのかもしれませんが、ものすごいOPから始まり、かっこいい2D、3Dが融合されたアニメーション、豪華な声優陣に、ARMSにより格段に面白くなった戦闘、テンポのいいストーリー展開とかなり完成度の高いものとなっています。おまけ要素もかなり多く、ゲーム中にでてくるミニゲームのやり込みから、ある条件を満たすと新たなミニゲームがでてきたりとミニゲーム集だけで一つのゲームとして販売してもいい感じです。

 という感じでDC最後の大作と呼ばれたものにふさわしい出来のゲームでした。ただ女の子との好感度を上げEDを目指すという感じなのでギャルゲーじゃんとあまりやりたがらない人も多いみたいです。でてくるメインキャラクターもサブキャラクターもかなり個性的でゲーム自体の出来も大変いいので騙されたと思って一度やってみてください。
別窓 | ゲームレビュー | コメント:0 | トラックバック:0
サクラ大戦 熱き血潮に
2009-05-23 Sat 19:28
サクラ大戦 熱き血潮に
メーカー セガ お勧め度 サクラ大戦をやったことある人 ●●●●●●○○○○
 プラットフォーム PS2 やったことない人 ●●●●●●●●○○

セガサターン、ドリームキャストでヒットしたサクラ大戦のスーパーリメイクです。スーパーとついてるだけあって戦闘や、絵、CGなどが全部新しくなっています。さらに新しい話が追加されています。といってもOPや最初のアニメーション以外のアニメ部分は昔のままです。ネオCGの部分ですね。ムービーが新しいのは。

 サクラ大戦とはプレイヤーが主人公の大神となり帝国華撃団の団員を率いて帝都を守るというこれまた、どこでもありそうな話です(オイ)。ただ、団員が全部女性で好感度などがあり、ギャルゲーと思われプレイしないという人も結構いるようです。が、そう思ってプレイしないのはかなりもったいないな~と思います。このゲームかなり面白いです。
 
 ゲームはアドベンチャーパートと戦闘パートからなっています。アドベンチャーパートはその辺をうろついてイベントをおこして~という流れです。戦闘パートは戦闘です(オイ)。ターン制のシュミレーションみたいな感じです。といっても難易度は高くなく誰でもクリアできます。だいたい雑魚戦からボス戦へという流れです。

 ゲームとしての完成度も結構高いのですが、ゲーム中に使われているアニメーションもかなりのものです(昔のを除く)2Dと3Dが融合したネオCGは必見でしょう。あと音楽もかなりいいです。

 とまあ、ゲームのいいところを紹介してみたのですが、不満点もありました。まず、新規にならずにそのまま使われているアニメーション。他の新規になってるのが綺麗なだけにかなり残念です。というかキャラの顔とか違うし…他にはミニゲームでしょうか。もともとのほうにはメインキャラ1人つき一つのミニゲームが用意されていたのですが、リメイクのほうには一つしかついていません。他のは携帯でミニゲームをするようになっています。これはお金を払わないといけないし、携帯を持ってない人はすることもできないのでかなり残念でしたね。他にはスーパーリメイクというわけで、新しい話が2話追加されたり、いろいろ、イベントが増えたり、リップス(選択方法)が増えたりとしてますが、逆にそのせいで、その後のサクラ大戦2,3,劇場版、4と繋がりにくくなってしまった気もします。サクラ大戦の一つのパラレルワールドととってもいいかもしれません。
別窓 | ゲームレビュー | コメント:0 | トラックバック:0
THE 地球防衛軍
2009-05-23 Sat 19:28
THE 地球防衛軍
メーカー SANDLOT お勧め度 ●●●●●●●●○○
 プラットフォーム PS2
 
 防衛軍になり巨大生物から地球を救え!!とそれだけのゲームです。少し詳しく書くと地球に謎の未確認飛行物体が来襲し、その中から巨大エイリアン(アリとかゴジラみたいなものとかいろいろ)がでてきます。それを武器や乗り物を使い撃退するゲームです。
 
 このゲームのいいところはものすごくはちゃめちゃなところでしょうか。一応アナウンスで「市民の避難を…」といわれますが、そんなの無視してかまいません(爆)ミサイルやらロケットランチャー、グレネードで敵を倒しつつ、建物で敵が見えないときは建物ごとふっとばします!!2人協力プレイをやっているときはついでに味方も吹き飛ばします(爆)このはちゃめちゃさはやっててかなり面白いです。

 モードは一人プレイ、二人での協力プレイ、そして対戦モードです。難易度は5つあり、上2つは二人協力でないとクリアは難しいでしょう。武器の数は100以上あるみたいです。自分の場合今の段階で97、8個なのですべてを集めているわけではありません。

 このソフトはSIMPLE 2000シリーズなのでお値段がなんと2000円です。これはかなりいいと思います。最近このソフトがこんなに高いのか?というのもありますがこれの場合これが2000円って安いんじゃない?という感じです。ただやることは敵を倒すことだけなので一人でやると飽きが早いかも知れません。二人協力プレイでのプレイをお勧めします。二人でやると面白さが倍増するので。そのときは敵からの攻撃にも注意しつつ味方からの攻撃にも注意しましょう(笑)

 しかし、これ、地球防衛軍とかいいつつ多くて部隊は二人です(爆)さらに敵はめちゃくちゃでかかったりするのに生身で闘います。ガンバレ、地球防衛軍!!
別窓 | ゲームレビュー | コメント:0 | トラックバック:0
忍 shinobi
2009-05-23 Sat 19:28
忍 shinobiメーカー セガ お勧め度 アクション好き ●●●●●●●●○○
 プラットフォーム PS2 苦手 ●●●○○○○○○○
 
 一定時間内で敵をまとめて倒すと生じる殺陣のシステム、敵を惑わすステルスダッシュ!!その他のアクションを使いこなし華麗なプレイを決めろ!!

 という感じが売り文句ですかね。まず、言うことはこのゲーム結構難しいです。デモや他人がやってるのを見てカッコイイ!!というだけで買うと結構クリアするまでにコントローラー投げつけるかもしれません(爆)自分の場合イージーのステージ「ムオー死にまくる~」となりラスボス「かてるかぁ!!」となりました。ノーマルもそんな感じですね。「こんなラスボス勝てるかぁ!!」と。ハードはステージ、途中のボス、「うおーつえぇ!!」ラスボスにいたっては「…」って感じになりました…といってもクリア不可能というわけではありません。アクション好きな方にはお勧めなソフトですね。

 このゲームはやればやるほど上手になるのが自分で分かります。一人で「うおー俺上手いぜ」とか「さっきのアクションはかっこよかったな…」と自己陶酔したりと。なのでやり込みが好きな人は結構長々と遊べると思います。敵の倒し方、ステージの進み方を考えてみたりとかなりやりごたえがあります。最近自分も結構楽に遊べるゲームをすることが多かったのでかなり歯ごたえがありました。

 残念な点を上げてみると、ちょっとステージが手抜きのようなところがあります。なんか同じような感じのところが多くて。あとは視点でしょうか。自分で視点を自由に操作できるので慣れたら別に気にもなりませんが、初心者向けに視点が勝手にちゃんと変わってくれるモードなどがあったらよかったと思います。あとはせっかく世界観が悲哀に満ちた感じなのに肝心のゲーム部分にそれがいかされてないというところですか。ストーリーももうちょっと深くしてよかったのではと思ったり。このへんが個人的に気に入った世界観だけにもったいなかったですね。まあ、アクションにストーリー求めるなよと言われたらそれまでですがね。

 ステージは1-A、Bから8-A,Bまでの全16ステージにオマケとしてEXステージがあります。EXステージは結構慣れてないとクリアは難しいですかね。何回もやってたら簡単にクリアできるようになります。ちなみにEXはゲーム中に家紋を集めるとでてきます。あと家紋を集めることによって、ギャラリーや隠しキャラがでてきます。とまあ、一応やり込み要素は制作側で用意されてますが、一番面白いのはステージを自分なりに攻略していくものですね。進み方から敵の倒し方、倒す順序(殺陣をいかに決めるか)などなど。忍で一番面白く感じるのはココですね。
 
 最初は結構操作が難しいように感じますが、めげずにやっていると自然に上達します。自分の思ったようにキャラを動かせるようになるとかなり魅せるプレイができるようになります。忍の場合「いかに魅せてプレイするか」が一番重要かもしれません。自分の場合は特にそう感じました。ということでこのゲームはアクション好きにはお勧めなソフトです。
別窓 | ゲームレビュー | コメント:0 | トラックバック:0
GUILTY GEAR XX
2009-05-23 Sat 19:28
GUILTY GEAR XX
メーカー Sammy お勧め度 2D格闘好き●●●●●●●●●○
プラットフォーム PS2 初心者 ●●●○○○○○○○
 
 新システムに新キャラクター4名が追加された2D格闘ゲームの最高峰!!というのがこのゲームの宣伝文句でしょうか。とりあえずこれだけ言っても「それで?」といわれそうなので詳しく書きましょう。

 このギルティギアXX(後XX)はゲームセンターで稼動しているものがPS2に移植されたものです。簡単にゲームのいいところを言うと「単に動かして闘うだけで面白い」というところでしょうか。ガトリングコンビネーションというのがあり、適当にパンチパンチと入力しても攻撃がつながります。さらに攻撃後の硬直を直しすぐに次ぎの攻撃へと繋げることができる、ロマンキャンセル、フォースロマンキャンセル、ジャンプキャンセルなどなどを使い、他の2D格闘ではあり得ない連続ヒットをすることができます。ガトリングで通常技から通常技へ繋げ、その中でキャンセルを入れていくと本当に気持ちのいいほど連続ヒットします。さらに、画面がとても綺麗です。キャラのモーションとか技のイフェクトもこっていてかなりいいと思います。音楽も個人的にはかっこよくて好きなんですよね。

 が、上で書いたようにすごい数の連続ヒットができるので、初心者がゲームセンターでやろうとしても意味が分からないまま負けてしまいます。さらに、覚えることも結構多く、操作も忙しいのであまり初心者向けのゲームではないでしょう。まあ、遊んでいればそれは自然に覚えますし、慣れればあまり気になる操作量でもありませんついでにいうとキャラによって結構性能が結構違います。不明なほど強いキャラからあまり強くないキャラまで。初めてギルティギアをやる人はとりあえず、簡単操作で結構強いキャラを使うことをお勧めします。

 PS2版にはアーケードモードはもちろん、VS2P、MOMモード(相手に勝って勲章をとる)、サバイバルモード、ミッションストーリーモード、トレーニングモード、ギャラリーがあります。ゲーム画面にいくまでのロード時間は恐ろしいほど短いです。ミッションは全キャラをかなり使い慣れた人でないと全クリはかなり難しいでしょう。というより、不明なほど難易度高いです。
 サバイバルモードは自分が倒されるまで、でてくる敵を倒すのですが、レベル100くらいから結構相手が強くなり、150超えるとなかなか不明な動きをしてきます。200超えるあたりからプレイ時間も長くなり、かなり疲れますね…ストーリーモードはそのまま、各キャラごとにストーリーが用意されており、でてくる敵の倒し方、プレーしたキャラの順によってストーリーが分岐します。全部見るのは結構大変ですね。ギャラリーはそのつど出てきた絵が見れるところです。さらに、サバイバルで高レベルまでいったり、ミッションたくさんクリアしたり、長い時間プレイすると隠しキャラが3人でてきます。というように結構遊び応えがあるものなので2D格闘好きなかたにはお勧めです。初心者の方も最初はとっつきにくいと思いますが、慣れれば面白いのでやってみて損はないと思います。
別窓 | ゲームレビュー | コメント:0 | トラックバック:0
YSⅥ THE ARK OF NAPISHTIM
2009-05-23 Sat 19:28
YSⅥ THE ARK OF NAPISHTIM

 メーカー ファルコム お勧め度●●●●●●●●○○
 プラットフォーム PC
 
 待ちに待ったYSシリーズの最新作!!今作からゲーム画面が3Dになりジャンプなどが増えよりアクション性が強まりました。といっても難しい操作は要求しておらず簡単にできます。動かして面白いというゲーム性を最大限に生かしたって感じですね。これは素直に評価できます。

 アクション部分からいうと普通の剣撃、ジャンプ上昇中の上突き、下降中の下突き、ダッシュ斬り、ダッシュ斬りとジャンプを組み合わせた、ダッシュジャンプがあります。剣撃の中にも剣に応じた攻撃が派生します。ちなみに剣の種類は3本の魔法剣でコレを強化することによって武器を強くします。強化の仕方はすごく簡単。とりあえず自分の感想ではダッシュジャンプが難しいですね。コツが必要な気がします。単に雑魚敵をズバズバやっつけていくのも爽快感があって面白いのですが、このゲームで一番面白いのはボス戦でしょう。ボス戦がかなり熱いです。相手の攻撃を避けて攻撃する。相手の攻撃パターンを見極めると勝てます。自分なりにノーダメージクリア(自分は全部のボスノーダメージクリアはやってません…ていうかできるのか?)などアクション好きな人は制限を加えるともっと楽しめるでしょう。

 ゲームはかなり面白いのですが、ストーリーはもう少し頑張って欲しかったというのが正直なところです。かなりあっさりクリアできます。まあ、それがイースだと言われればそれまでなんですが、せっかくこれだけ面白いのでもう少し+αが欲しかったですね。なので次回作にそこを期待!!ということでお勧め度は10ではなく9にしてみました。といっても別にストーリーが面白くないというわけではありません。単に短いってだけで。ちなみに、説明書も読まずに始めると主人公は何故か浜辺に打ち上げられてます(笑)そしてヒロインによる介護を受けるというどこかで見たことある展開です(爆)とりあえず説明書を読んで何故こんなところにいるか確認してからゲームを始めましょう。それとこれはジョイパッドは必須だと自分は思います。キーボードではやりにくいと思うので。パッドも今では安く手に入るので、持ってない人は同時購入してもよいでしょう。ゲームはかなり面白いので同時購入しても損はないと思います。

 やってて面白い、操作して面白い、かなりはまれるというゲームとしてかなりの完成度になっています。アクションやRPGに興味がある人はやってみましょう。あと結構高いスペックを要求しています。まずは自分のパソコンがスペックを満たしているか
確認してから購入しましょう。それにスペックを満たしていても動かないなどの不都合もあるようです。公式HPに動作確認表があるのでそれを見てみるのもよいでしょう。ちなみに自分の場合ビデオメモリが足りませんでしたが画質を一番下げてプレイしてみたところ普通にプレイできました。画面もかなり綺麗みたいなのでできればハイスペックのマシンでプレイすることをお勧めします。

別窓 | ゲームレビュー | コメント:0 | トラックバック:0
STAR OCEAN3 Till the End of Time
2009-05-23 Sat 19:28
STAR OCEAN3 Till the End of Time

メーカー ENIX お勧め度 ●●●●●●●○○○
プラットフォーム PS2

 未完の大作.............スターオーシャン3(以下SO3)を現す言葉はこれが一番のような気がします。
 
 まずはこのゲームのうりでもある戦闘から。戦闘に関しては自分のやったことのあるRPGの中では文句なしに最高の出来でしょう。MP0で気絶するというのは人によって賛否両論みたいですが、自分的には緊張感がましていい感じでした。小攻撃で相手の攻撃をキャンセル、相手の小攻撃はプロテクトで防げる、大攻撃で相手のプロテクトをやぶる、というのはなかなか面白かったです。ボタン一つで簡単に派手な技が繰り出すことができ爽快感もかなりあります。ちなみにこの戦闘で条件を満たすことでバトルコレクションというものを集めることができます。が、メモリ2メガ使うわりにはいまいちよさが分かりませんでいた(苦笑)一応上の難易度が選べたりしますが。。。

 ストーリーは序盤~中盤まではかなりいいと思います。話の展開のテンポもよく、ぐいぐい引き込まれます。多少お約束すぎる展開もありましたが、あまり気になりませんでした。が、それ以降のストーリーははっきりいってかなり幻滅しました。作成者は自分達の作品をわざと台無しにしたかったのかな~と思ってしまうほど。。とはいえ序盤~中盤にかけてのストーリー展開は最近でたRPGの中ではかなりいい出来だと思います。だからこそ終盤のストーリーは残念でしたね。

 SO3に関してはネットでもいろいろ言われていますが、本当にフリーズが怖いです(笑)戦闘中 止まる、戦闘が始まる 止まる、宿から出る 止まりかける。上記で書いたバトルコレクションの中には連続して戦闘をこなさないといけないものもあり、それを狙ってやってるときは本当にドキドキものです(爆)自分は100回連続~を集めるときに八十数回でフリーズをくらったりで洒落になりませんでした。。。。他にもバグがあったりと商品レベルではありません。。ちゃんとデバックしたのか疑いたくなります。まあ、冒険中何が起こるか分からないのでちゃんとセーブしましょう。SO3にいたっては本当に何起こるか分かりません。

 その他のシステムに関してはかなりいいと思います。ミニゲームもなかなか面白いですし、アイテムクリエイションもランキングや流通などいろいろありかなりよかったです。クリア後の隠しダンジョンの攻略もいろんな意味で楽しめます(ていうかこっちが本編?笑)。

 ということで本当はお勧め度は9くらいでもいいのですが、終盤の不明なストーリー展開、商品と思えないバグ&フリーズで7にしました。SO3を購入するか迷っている人がいるならば、今度でるディレクターカット版がでるまで待ってそれを購入することをお勧めします。

別窓 | ゲームレビュー | コメント:0 | トラックバック:0
FINAL FANTASY Ⅹ-2
2009-05-23 Sat 19:28
FINAL FANTASY Ⅹ-2


 メーカー SQUARE お勧め度 FFⅩ好きな人 ●●●●●○○○○○
 プラットフォーム PS2 Ⅹをやってない人 ●●●○○○○○○○

 ファイナルファンタジーシリーズ初のキャラ、世界観を引き継いだ続編。FFⅩの2年後の世界。さらに選択ミッションによる自由な冒険!!ドレスアップ、アクティブタイムバトルによる奥深くスピーディーな戦闘!!
 
 というのがFF10-2の売り文句でしょうか。が、続編のためかキャラは当然のこと、ダンジョン、モンスターもⅩと同じです。ココは人によって手抜きと取るか続編だし当然のことと取るかですね。自分はまあ、しょうがないかなぁという感じです。
 戦闘はなかなかいい感じです。Ⅹのときよりスピーディな戦闘が楽しめます。これは思ったよりよかった。問題はドレスアップ。戦闘中にジョブを変えるものですが、変身シーンがなんとも…まあ、変身シーンはカットできますけどね。さらにコレにより、戦闘のキャラの特徴がまったくなくなっています。これはちょっと残念でした。
 
 ストーリーのほうは、かなり残念と言わざるを得ません。ミッションの選択により自由な物語ができるはずが…単に本編のストーリーをさっさといくか、関係ないサブイベントを一杯やるかの違いでたいした違いはありません。まあ、ちょっとした違いはあるのですが、それはあとで書くこととします。
 本編のストーリーは正直あまり面白くはありませんでした。なにかとってつけたような感じのシナリオで。さらに主人公のユウナの変わりよう…10-2のユウナが本来の彼女の姿だ!!とか過去の悲しみを振り切るためにああしてるんだ!!などなど意見もあるかも知れませんが、普通に考えてあの変わりようは変です。サブイベントはたくさんありました。というか、メインイベントだけを進んでいくとものすごく早く終わります。どっちかというとサブイベントがサブでなくメインと化してます。
 いい話から意味の分からん話までさまざまでした。ただ、かなり本編の中枢部分の話が隠しのような感じのイベント&ダンジョンになっていたのはなぜでしょうか。メインイベントに入れておいたほうがいいと思いますけど。はっきりいって1周目では「なんかよく分からんがクリアした」という感じです。ただ、ゲーム中に挿入されているムービーはやはり綺麗ですね。魅せ方もかなりうまいと思います。
 
 あとは音楽ですね。Ⅹの音楽が自分は結構気に入ってたのですが、10-2の音楽はさっぱりです。「イイ!!」という音楽がありませんでした。これも残念。まあ、OPと途中で流れる歌詞付きの曲はムービーといい感じで合わさってよかったですね。それくらい。まあ、FFの曲かどうかビミョウなところですが(苦笑)

 今回のFFはマルチエンディングになっています。といっても単に普通のEDか隠しEDかくらいですけど。普通のEDは「これなら別に10-2なんて出さなくていいじゃん」という感じです。隠しEDをみんな見たくて買ったと思いますがはっきりいって「何でこうなったんだろ?」という感じです。ぶっちゃけ10-2で今までやってきたことはあまり関係ありません。両方とも自分から見ると「…」なEDでした。あと2つくらいEDあるみたいですが、自分は見る気というか、見るためにまたクリアする気が起きないので見ていませんので、そっちの感想は分かりませんが。

 ということでFFⅩが好きだった人はその後の世界が分かるということでやってみてもいいと思います。が、Ⅹをやったことない人はやっても「お金の無駄だった…」と思う可能性が高いのでお勧めはしません。あくまでFF10のファンディスクと思ってやるのが一番いいと思います。ファンディスクとしたら結構いい出来だと思いますし。まあ、値段をもうちょっと下げろよって感じもしますが。
別窓 | ゲームレビュー | コメント:0 | トラックバック:0
09年3月18日 ゲーム&アニメ情報 ファミ通フラゲ情報&劇場版なのはプロモ公開
2009-03-18 Wed 23:43
今週末&来週頭発売のゲーム雑誌情報 「ガンダム戦記」「ニンジャガΣ2」PS3で、「あたまわる」PSPに移植 (げーむにゃーす1.0さん)
ファンタジースターZERO Miniはちょっと気になる。

『デビル メイ クライ』シリーズが全世界で1000万本出荷を達成
DMCは人気あるな~。

スクエニ、DS「ブラッド オブ バハムート」 新システムと巨獣、登場キャラクターなどを紹介
ちょっとやりたい。


アニメ情報
「なのフェイ動きまくり「劇場版リリカルなのは」のPVがTAF2009で公開中!!」(☆へにょへにょ日記☆彡StrikerSさん)
劇場版「魔法少女リリカルなのは THE MOVIE 1st」のPVと複製原画 in TAF2009
かなり良さげ。
公開が待ち遠しい。
別窓 | ゲームレビュー | コメント:0 | トラックバック:0
イース -フェルガナの誓い- レビュー
2008-11-07 Fri 23:24
イース -フェルガナの誓い- レビュー
メーカー ファルコム
プラットフォーム PC                         評価90/100
DSC00199.jpg
Ys1、2から舞台を移し別の地域でのアドルの冒険を描いた3のリメイクが
このフェルガナです。Ys6から採用されたアクションやシステムがさらに昇華され
非常に出来の良いアクションRPGとなっています。

ストーリーはYsらしく神秘性があり非常に哀愁漂う展開です。
WS000139.jpg
凶暴な魔物が出現しだし、不安な雰囲気が出ているフェルガナ。
アドルは伝承として伝えられる魔と勇者の戦いに導かれ冒険することになります。

アクションは剣を使った攻撃、魔法を使った攻撃があり魔法を使った攻撃は
その場その場で合ったものを使うと効果が非常にあります。
特にボス戦いではこれらをフルに使い緊迫感のある戦闘を楽しむことが
出来ます。
WS000216.jpg
敵の攻撃にあわせて使うことによりダメージ0で相手に近づくことが出来る。
WS000128.jpg
巨大ボス戦も健在。
弱点が分かり攻略法を見つけるまでなかなか勝てませんが、それが分かる過程も
含めて非常にボス戦は歯応えがあり楽しめます。また、ブーストを使いボスに攻撃を叩き込む
爽快感は素晴らしいものがあります。

音楽はとても重厚感のある音楽で非常にかっこいい!
WS000182.jpg
ここで流れる音楽なんて鳥肌モノです。

WS000146.jpg
ヒロインのエレナ。
Ysのヒロインはいつもかわいい&良い子です。

WS000245_20081019184247.jpg
古から続いている運命に立ち向かう人々の決意と誓いを是非見て欲しい作品です。
お勧め!

イース -フェルガナの誓い- 感想その1
イース -フェルガナの誓い- 感想その2
イース -フェルガナの誓い- 感想その3 クリア!!
別窓 | ゲームレビュー | コメント:0 | トラックバック:0
Call of Duty 4:Modern Warfare レビュー
2008-10-08 Wed 21:51
Call of Duty 4:Modern Warfare レビュー
開発 Infinity Ward
販売 アクティビジョン            プラットフォーム 360,PS3,PC(このレビューはPCが元)

                                         評価 95/100

Call of Dutyシリーズは臨場感溢れる演出が売りなFPSです。
今回は舞台を現代戦へと移し激戦が繰り広げられることになります。
シングルメインのFPSでは最高ランクと太鼓判を押せるゲームです。
万人にお勧め!

グラフィック
かなりすごい。これでスペックのほうは思ったより必要としないのがすごい。
フルHD+サラウンドでのCoD4の迫力はハンパナイゼ?

演出
これもすごい。ものすごい臨場感に迫力ある効果音、さらにストーリーを
盛り上げる音楽と文句をつけようがありません。

ストーリー
イギリス軍特殊部隊とアメリカ海兵隊隊員の2つの視点で物語が進みます。
「勝者無き戦い」が悲劇的な戦場として描かれています。
プレイヤーは一兵士であり、どんなに頑張っても「救えない」ものがあり
核によって敵味方区別なく死んでしまう。
二人の主人公を襲う運命はまさしく「現代」の無慈悲な戦争そのものでしょう。

と、ここまではシングルプレイの話。
最初に「シングルメインのFPSでは最高峰!」と書きましたが、実は私
このゲームにはシングルプレイにしか期待してなかったのです。
というのは今までの私の認識は「CoDはシングルは最高だがマルチは盛り上がりにかける」
というものでした。
しかし、意外や意外この4はその認識をうれしい方向に変えてくれました。
マルチプレイは快適そのもの!シングルプレイの「大迫力な戦場」がそのまま
マルチで体験出来ます。敵も味方もすべてプレイヤーなので興奮もさらに
高まります。
さすがにカウンターストライクのようなゲームと比べると競技性は落ちますが
照準の合わせやすさといい、ゲームシステムといいFPS初めて!という人も
かなり楽しめると思います。
FPSのマルチの敷居をかなり下げたのではないでしょうか。

ということでケチつけるのが難しいゲームです。
少しでも興味がある人は是非やってみましょう!

Call of Duty 4:Modern Warfare 感想その1
Call of Duty 4:Modern Warfare 感想その2 クリア!!
Call of Duty 4 海外評価
別窓 | ゲームレビュー | コメント:2 | トラックバック:0
God of War 落日の悲愴曲 レビュー
2008-08-07 Thu 21:44
God of War 落日の悲愴曲 レビュー
080710_1941~0002
このゲームの場合私があーだこーだ言うより

動画を見てもらったほうが一番良いでしょう。
PSPでアクションゲームをやるならコレというより
PSP持ってるならこれをやらずして何をやる!?というくらい
お勧めです。

このゲームはキャラクターデザインこそ日本人向けではありませんが、ゲームそのものは
非常に丁寧に作られています。
少しプレイするとそのゲームの楽しさ、世界観の良さが分かるので、
騙されたと思って一度手にとって欲しい。

ゲーム内容は非常に硬派なアクションゲームです。
しかし、万人受けするような作りをされており、難易度を低くすればアクションゲーム
が苦手な人もクリア可能でしょう。
謎解きもPS2版の1と2と比べて簡潔になっているのでスムーズに進めることが出来
GOWの世界に浸れること間違いなしです。
海外のゲームはプレイヤーに優しくないと思っている人も多いでしょうが、
GoWはどちらかというとそういう意味では日本のゲームよりですね。
非常にプレイヤーが遊びやすい作りです。

アクションは今までのシリーズ同様ギリシャ神話に登場する有名モンスター達
との迫力満点のバトルです。PSPでよくぞここまで!と思ってしまうほどの
グラフィック、迫力あるサウンドに雰囲気を盛り上げる音楽と要素要素の相乗効果
がすごくゲームをストップ出来ず遊びだすとずっとやってしまいます。

ロードは途中途中に少し入る程度でほとんどゲーム中ロードが入ることは
ありません。PS2同様ほぼシームレスにゲームを楽しめることが出来、PSPの
性能をフルに使っているな~と関心しました。

ということで正直に言って否定的なところを見つけ出すのが難しいと思えるほど
(敢えて言わせてもらえばストーリーが1と2に比べて短い)よく出来た完成度の高い
ゲームです。
しかし、残念ながらアメリカでは大作の一つですが日本ではまったくといっていいほど
知名度がなく売り上げもよろしくありません。
アクションゲームの最高峰として名高いゲームだけに是非多くの人に
遊んでもらいたいゲームです。
というよりお盆にゲームするならこれです!
080710_1941~0001
クレイトスの悲しいまでの運命とそのことに対する彼の怒りを感じて欲しい。

スパルタの亡霊が帰ってきた!God of War: Chains of Olympus 感想その1
God of War 落日の悲愴曲 感想その2 クリア!
God of War: Chains of Olympus 海外評価
God of Warレビュー
God of War II 終焉への序曲レビュー
別窓 | ゲームレビュー | コメント:0 | トラックバック:0
自分的ゲームランキング
2008-01-19 Sat 22:18
ゲームレビューにこのページからすべていけるようにしました。
一応自分のお勧め順に並べています。レビュー書いたらこのページも更新していきます。自分でいうのもなんですが、このランキングすげー適当です(笑)

評価の仕方はこんな感じということでこの順位も入れ替わったり、●増えたり減ったりしてます。まだ、入れ替えが終わってなかったりごちゃごちゃしてますが、そのうちきちんと並べます・・・



1、War Craft Ⅲ The Frozen Throne
Expansion Set To The Game Of The Year ゲームオブザイヤーをはじめ多くの賞を獲得したWC3RoCの待望の拡張版!!

2、Fate/stay night(PC版)
Fate/stay night[Realta Nua](PS2版)
-その気高い誓いを、誰が知ろう。
-戦うと決めた、それが彼女の誓い。
-たとえ、その先に、避けられない、孤独な破滅が待っていても。

3、「大神」
昔々、あるところに 狼の姿をした
 とても心優しい 神さまがいましたとさ

4、War Craft Ⅲ Reign of Chaos
In An Age Of Chaos , Only The Rothless Survive..........
Survival is a matter of strategy as the Reign of Chaos begins.....

5、God of War
神を殺すには、先ずは狂気を身にせよ   エウリピデス

6、英雄伝説VI 空の軌跡 SC
自分の過去と決着をつけるため去っていった少年の軌跡を追い旅立つ少女の物語。
前作「空の軌跡」の続きを描いたストーリー重視の感動RPGの傑作、遂に完結!!

7、サクラ大戦3 巴里は燃えているか
サクラ大戦最高傑作!!大神隊長になって巴里を救え!!

8、FINAL FANTASY Ⅹ
FFがPS2で遂に登場!!究極召還を得るためのユウナ達の旅が今始まる

9、God of War II 終焉への序曲
すべてを終わらせる戦いが、今始まる。
3Dアクションゲーム最高峰が再び帰ってきた!

10、Half-Life2
Half-Life2の世界であなたは今までやったことのな世界を体験するでしょう。

11、ETERNAL ARCADIA
君も大空を征する、「空賊」になってみないか?

12、Ever17
神である主、今おられ、かつておられ、やがて来られる方、全能者がこう言われる。
「わたしはアルファであり、オメガである」
                  ―“ヨハネ黙示録”1章8節

13、ANUBIS
スタートしたら止まらない!!史上最強の爽快ハイスピードロボットアクション!!

14、バトルフィールド2
危険な戦場を生き抜き、勝者の栄誉を掴め!
新しい戦場は、最も過酷な現代へ。

15、英雄伝説6 空の軌跡
蒼空の彼方、交差する幾多の運命、旅をする若き遊撃士の物語

16、Fate/hollow ataraxia
再び運命の幕があがる。
それは、約束の四日間―

17、キングダムハーツ
ウタダ+ディズニー+FAINAL FANTASYの夢の共演!!

18、Ys ORIGIN
全ての運命は、その<<塔>>に紡がれる。
謎に包まれていたイース伝説の全貌が明らかに!

19、テトリスDS
「懐かしい」の中に進化を感じる「豪華絢爛」なテトリスが登場!!

20、ソニックアドベンチャー
あの超音速ハリネズミソニックが遂にDCで登場!!

21、THE 地球防衛軍2
巨大生物、再襲来!防衛軍よ地球を守れ!

22、YSⅥ THE ARK OF NAPISHTIM
伝説の眠るカナンの地にてアドルの新たな冒険が!!

23、ニュー・スーパーマリオブラザーズ

24、ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートSpecial
ドラクエとFFの夢の競演が実現!!

25、ソウルキャリバーIII
邪険と霊剣、二つの剣が交わりし時、運命の歯車は再び回りだす
歴史と世界を超え、永遠に語り繋がれる「剣と魂」の物語

26、GUILTY GEAR XX
テンションMAXIMUM!! 2D格闘の最高峰がPS2に!!

28、Devil May Cry
「悪魔も恐れる男がいた」
スタイリッシュハードアクションが遂に登場!!

29、サクラ大戦V~さらば愛しき人よ~
新たなサクラの幕が開く!

31、ソウルキャリバーII
歴史に選ばれて、人は戦士になり、歴史に刻まれて戦士は英雄となる。

32、メルティブラッド アクトカデンツァ
交差する虚言と悪夢。
 幕を開ける、鮮血の装飾楽譜

33、忍 shinobi
切り裂くのは心 忍同士の哀しくも壮絶な戦いが 

34、THE 地球防衛軍
防衛軍になり巨大生物を撃退せよ!!

35、CRAZY TAXI 2
ダッシュにジャンプ!!ハイスピードで街を駆け抜けろ!!

36、Power Smash 2
躍動感あふれる動き!!テニスゲームの最高峰がさらに進化してついに登場!!

NEW37、ファイナルファンタジーIV DS
ふたつの月が、照らし出す絆。
「FINALDANTASY III」に続く、フルリメイクシリーズ第二段!

38、英雄伝説 空の軌跡 the 3rd
忘れえぬ想い、新たな空へ。
「英雄伝説VII」へと繋がる、「空の軌跡」待望の続編!

39、GUILTY GEAR XX SLASH
立ち塞がるもの
 全てを切り裂け!

40、ロードオブザリング 王の帰還
あの映画「王の帰還」がアクションゲームになって登場!!

41、ゼノサーガ I・II
ゼノサーガEPI&IIで一本!!新たなる「ゼノサーガ」

42、グランディアIII
世界が壊れる瞬間、2人は出会った

43、グランディアII
闇信ずる者は光を束縛を呼び、光信ずる者は闇を魔と呼べり

44、サクラ大戦4~恋せよ乙女~
サクラファンに捧げる最終章がついに開幕!!

45、STAR OCEAN3 Till the End of Time
さあ、星の海へでかけよう

46、Kunoich-忍
魅せられたら最期。前作忍から1年後、東京にて悪食を巡り式神、中臣忍部隊、緋花…三つ巴の闘いが幕をあける

47、ゼノサーガEPISODE1 「力への意思」
シオン-傷みは私を満たしてくれますか?
未来の大宇宙を舞台にしたSFRPGが登場!!

48、Xenosaga EPISODE II 善悪の彼岸 
人類の存亡をかけた戦いを壮大なスケールで描くSFRPG。

50、Z.O.E
小島秀夫プロデュース、近未来のスペースコロニーを舞台にしたロボットアクション!!

51、サクラ大戦 熱き血潮に
セガサターン、ドリームキャストとヒットしたサクラ大戦がPS2に!!

52、FINAL FANTASY Ⅹ-2
ファイナルファンタジー初の続編!!FF10の2年後の世界は…

53、ソニックアドベンチャー2
ソニックが世に出て10周年!!ソニックイヤーに出た本作は・・・
別窓 | ゲームレビュー | コメント:8 | トラックバック:2
ファイナルファンタジーIV DS レビュー
2008-01-19 Sat 21:23
ファイナルファンタジーIV DS レビュー
メーカー スクウェア・エニックス     評価75/100
プラットフォーム DS
071220_1143~0002
FFの中でも評価の高い4が完全3D化フルリメイクされた作品です。
簡単に総評を書くと3D化やオリジナル要素の追加、ボイスの追加と色々頑張って
いるのは分かるが戦闘の高すぎる難易度、多少のテンポの悪さでストーリーに
熱中できず微妙なラインで終わってしまった残念なゲームでしょうか。
残念といってもFFと名前を持っているだけあってそこそこな出来には
出来上がっています。DSのゲームどれも微妙な奴が多くてと思っている私
もこれはクリアしました。

ストーリーは最近のRPGと比べるとさすがに元々のオリジナルが古いので
キャラクターの心理描写(一応メニュー画面で多少あるが)も薄く、
ストーリー自体も表面上だけで進んでいる気がしていまいち記憶に残りにくい
ところもありますが古いゲームのリメイク&ハードがDSと考えるとこれが
限界でしょう。逆にDSのRPGと考えるとかなり頑張ったほうでしょうね。
問題はボイスでほとんどの声優さんは非常にいいのですが若干名すごぶる悪い
人がいること。あまり出番のない人ならいいのですがよりによって主人公が…

グラフィックはさすがFFという感じでDSなのに非常に綺麗です。
デフォルメされたキャラクターも非常にかわいらしく、最近のユーザーの
ニーズにきちんと応えていると思います。

音楽は結構質がいいです。SFCと比べると若干主旋律が弱い気がしましたが、
これは人の好みで評価が変わるところでしょう。

戦闘の難易度はかなり高くラストダンジョンなんかはバランス崩壊している
感じすらする難易度の高さです。相手が先に動いて全体攻撃してくると瀕死。
2,3匹先に動かれると回復間に合わずに全滅といった具合に戦略以前に運
の問題です。ほとんどのダンジョンでは「レベル上げ」に最適な敵がいる
のですがラストダンジョンではそれすらほとんど出てこないので。
先にこちらが動いてもカウンターですごい攻撃がきたりするのでかなり慎重に
戦う必要があります。
最近WiiやDSブームでゲームを始めた人は手を出さないほうがいいでしょう。
逆に言うと今までのFFでは使わなかった魔法もフルに活用し、持っている装備
をフルに活用することにより活路が見出せるのでそういう「考えながら」プレイ
するのが好きな人にとってはうれしい難易度となっています。
特にアクティブモードでスピードをMAXまで上げていると非常に緊迫した
バトルが楽しめスリリングな経験が出来ます。
ボス戦は全体攻撃で一発で全滅とかよくあるのでレベル上げ&魔法装備を
フルに活用&一度目は捨ててかかってそこで攻略法を見つけて2度目で倒す
といった具合です。

DS版から登場したものにデカントアビリティがあります。
これはキャラクターに覚えさせることにより戦闘を左右するような重要な
アビリティを発動できるようになるのですが、困ったことにその重要な
アビリティの入手法が分かりにくく攻略サイトをまったく見ずにプレイする人は
ほとんど取り逃がしてしまいます(私がそうだった)。
また、覚えさせたら外せないし、もちろん他キャラに覚えさせることもできない
と自由度の自の字もなく周回プレイをしない人にとっては非常に困ったシステム
になっており、私としては微妙な新要素でした。
恐らくこのデカントアビリティで非常に都合のいいものが手に入るため戦闘の難易度
をあげまくったというのもあると思いますがもうちょっと手に入りやすくするか、
後からでも手に入れることができるようにして欲しかったです。

もう一つの追加要素としてオートマッピング機能がありますが、これは非常に
良かったです。迷う心配がなくなりましたし、宝箱の取り忘れもなくなりました。
今後のFFにも是非つけて欲しい機能です。

テンポはほとんど良いのですが戦闘時に魔法を全体化して使うといちいち個別に
効果が入ったり、魔法を使うとワンテンポ遅れて発動したり、処理落ちしたり
します。またメニューを開いたときに微妙な間があったりと若干テンポが
悪いところがあります。

戦闘の難易度がDSのほとんどの層であるライトユーザー泣かせのマゾイ
レベルなので最近ゲームを始めた人にはお勧め出来ませんがヌルイゲーム
に飽きた、やり込み最高!という人にお勧め。
また、FFというとクリスタルというイメージがあるのですが最近のFFは
残念ながらクリスタルがあまり出ていないので(出てきてもセーブポイント
とか…)久しぶりにFFらしいFFが登場したという点でも良かったのでは
ないかと。そういう意味で古いFFが好きな人にもお勧め。
ただし、やる場合は致命的なバグがあるので公式サイトでどういうバグがある
か確認してプレイすることをお勧めします。

FF4 DS 感想その1
ファイナルファンタジーIV 感想その2
FINAL FANTASY IV DS 感想その3 雑魚戦では全滅しない…と考えていた時期が私にもありました
FF4 DS 感想その4 クリア
ファイナルファンタジーIV 初日売上 約18万本
ゲーム売上 FF4は週間28万8千本
FF4売上40万突破
DS版「ファイナルファンタジーIV」 バグ報告

mk2評価Cランク63点
別窓 | ゲームレビュー | コメント:2 | トラックバック:0
God of War II 終焉への序曲レビュー
2007-11-20 Tue 20:28
God of War II 終焉への序曲レビュー
メーカー カプコン 開発はSCEA
プラットフォーム PS2               評価95/100
071103_1431~0002.jpg


燃えさかる炎、砕け散る甲冑
血と絶望にまみれた断末魔
そのすべてが奏で上げる
終焉への序曲

前作God of WarはGame of the Yearをはじめ多くの賞を受賞したゲームで
私もプレイした後「今後に出るアクションゲームは大変だ。このゲームと
比較されるわけだから」と思うくらい高い評価をしました。
その続編というわけでものすごく期待していたわけですがIIはその期待に
見事に応えてくれました!!

ストーリーは前作の続きから戦の神となったクレイトスが全知全能の神で
あるゼウスに挑むことになります。
ストーリー展開は前作よりダイナミックになり要所要所に実際のギリシャ神話の
話が入るのでギリシャ神話を知っている人はニヤッとするのではないでしょうか。
インディージョーンズばりの古代遺跡を冒険する楽しさも健在。
より演出が派手になった人間には作り出せそうに無いまさに「神話」の再現と呼ぶ
べき謎解き後のイベントムービーは必見です。

アクションは前作からの正当進化系です。
素晴らしかったのが今回から導入されたイカロスの羽を用いた敵を空中に打ち上げる
アクションや羽を用いた空中からのクレイトスの攻撃ですね。
前作は△ボタン長押しで相手を空中に浮かせてましたが羽を使うことにより簡単に
打ち上げられさらにクレイトスも滑空できるのでアクションの幅が非常に広くなり
ました。

アクションの演出もさらに磨きがかかりとくにCSアタックの演出は迫力満点で良い。
ボタンをタイミングよく押し○ボタン連打で
「オラオラオラ止めだ死ねー!!!!!」
みたいな感じでプレイしている人のテンションMAXです。
さらに前作で不満点だった巨大ボス戦の回数の少なさですが今作では随所に巨大ボス戦
が入っており満足でした。人にGoWを勧めるならまず巨大ボスとの戦闘を見せると
良いでしょう。GoWのおもしろさが詰まった非常に迫力ある戦闘が楽しめますので。

難易度はアクションに関しては前作より下がった感じですが謎解きに関しては前作より
上がったと思います。特に後半の謎解きはちょっと「めんどくさい」ところもあります
がアクションの爽快感がその「めんどくささ」を抹消していますね。
謎解きとはちょっと違いますが前作ではロープにぶら下がって体を揺らして次の場所に
飛び移るという動作が今作ではワイヤー掴んでそのワイヤーをグルグルまわして次の
ワイヤーに飛び移るというようにプレイヤーがやることは同じながら演出が変わった
だけでやたらと爽快感あるアクションに変わっていたりするものもありました。
このワイヤーアクションの爽快感はすごく
「イヤッホーイ」
と思わず掛け声を出してしまうくらいです。まあ、その後ミスって落下死したりする
のはご愛嬌。

という感じで3Dアクションの最高峰の続編としてあらゆる点で文句の付けようのない
非常に出来の良いゲームでした。GoWシリーズはPS2の最高のアクションといって
いいでしょう。
是非IIで勃発するタイタンとオリンポスの神々の終焉へと向かう全面戦争の始まりを
クレイトスの「ハッ決められた運命なんざ自分でぶっ壊してやるぜ!!」という残虐非道
さとともに体験して欲しいです。

スパルタの戦士達よ!神と戦う準備は出来たか!? God of War II 感想その1
God of War II 感想その2 クリア!
海外評価
別窓 | ゲームレビュー | コメント:0 | トラックバック:0
英雄伝説 空の軌跡 the 3rd レビュー
2007-07-28 Sat 22:07
英雄伝説 空の軌跡 the 3rd レビュー
お勧め度           ファンディスクとして80/100
                続編として 70/100
プラットフォーム PC

1.jpg

浮遊都市の崩壊より半年後-。
零れ落ちた光の欠片が、新たなる冒険への扉を開く。
謎の古代遺物<<レクルスの方石>>とは?
「VII」へと繋がる「空の軌跡」待望の続編、ついに!

ということでFC、SCの完結編としてまた7へ続く物語として登場したのがこの3rdです。しかしながら続編として扱うにはちょっと物足りなくファンディスクとして扱う感じのゲーム性でした。
私も始めるまでは「FC、SCの続編として空の軌跡の完結編としてすごいドラマが待ち受けている」と思ったのですが、基本的に最初から最後までダンジョン探索で終わってしまいました。

ファンディスクとして扱うと書いているのはこのゲームはストーリーの本筋とは別にサイドストーリーがあり、そこで空の軌跡のキャラクター達の過去の話が見れるからです。
このサイドストーリーの出来は非常によくこちらのほうは今まで通り街の人との会話を楽しみストーリーも楽しむことが出来ます。
主要キャラクターはもちろんのことサブキャラクターまでターゲットにしたサイドストーリーはニヤニヤしながら楽しめます。
また、7へ続く話という売り文句にあった話もこちらのサイドストーリー側です。
非常に気になる話が出てくるので空の軌跡ファンは必見でしょう。

本筋のほうはFC、SCと比べると話の内容がスケールダウンしており、ちょっと物足りないな~とは思うものの、燃えるところは燃えるところシリアスなところはシリアス、笑うところは笑うところとメリハリつけてサクサク進みますし内容自体は無難に終わらせたな~ということで空の軌跡SC後登場人物がどういうふうに過ごしてきたかというのを知るのには良いでしょう。
また、今度は教会のケビンとリースが主人公なので今までの空の軌跡ではよく分かってなかった教会についてちょこちょこ分かります。

戦闘はSCの強化版といった感じで多少追加要素がありますが基本的なシステムはSCと変わっていません。
戦闘の難易度はちょこっと上がった気もしますが。
音楽はファルコムらしくかなりいいです。

ということで空の軌跡の続編として楽しむというよりは空の軌跡のファンディスクとして楽しむという感じのゲームでした。
次回作であろう7は3rdをやる限りまた壮大なドラマ性を持つゲームになるようなので次回作に期待!という感じの感想でした。

070714_1526~02.jpg


「英雄伝説 空の軌跡 the 3rd」 デモムービー公開!
英雄伝説 空の軌跡 the 3rd 感想その1
英雄伝説 空の軌跡 the 3rd 感想その2
英雄伝説 空の軌跡 the 3rd 感想その3
英雄伝説 空の軌跡 the 3rd 感想その4 クリア
英雄伝説6 空の軌跡レビュー
英雄伝説VI 空の軌跡 SCレビュー
別窓 | ゲームレビュー | コメント:0 | トラックバック:0
Fate/stay night[Realta Nua] レビュー
2007-06-12 Tue 21:18
Fate/stay night[Realta Nua] レビュー
お勧め度           100/100
プラットフォームPS2

誰もが幸せであってほしいと。
その感情は、きっと誰もが想う理想だ。
だから引き返す事なんてしない。
何故ならこの夢は、決して。
「-決して、間違いなんかじゃないんだから……!」


070603_1852~01.jpg


手にした者の願いを叶えるという聖杯。
その聖杯を巡りマスターとサーヴァントの殺し合いが行われる聖杯戦争が舞台となりゲームです。
登場人物達の理想、信念、出した答えを是非見て欲しいと思います。なにかしら得られるものがあるでしょう。
といってもこのBLOGに来る人に今更Fateの基本的なレビューやってもしょうがないでしょうからここはPS2とPC版との違いをメインにやりましょう。Fateの基本的なレビューが読みたい人は
PC版Fateレビュー
をどうぞ。

大きな変更点はフルボイスになったことでしょう。
ボイスは若干「おや?」と気になるところもありますがほとんどの場合かなりキャラやその場面の雰囲気にあっておりPC版をプレイ済みの人も楽しめます。
さらにCGの追加、演出の強化、音楽の追加によりPC版より迫力ある戦闘シーンや数々の感動的なシーンを体験できます。
またPS2版の場合演出にちょっとロードがあったりするんじゃないんだろうか?という不安もありましたが、その心配は無用でした。
PC版のようにストレス無くゲームが進行します。戦闘シーンもオートリード機能を使うと文章、曲、音声、演出がマッチした状態で進むので非常に良いです。

もう一つの大きな点は最後の追加エピソードでしょう。
これは「見てからのお楽しみ」なので詳しくは述べられませんがセイバーファン必見の内容となっています。
流れる音楽も非常に良いので是非とも頑張って見て貰いたいところ。


またオープニングやエンディングの曲が変わりOPのアニメーションも変わったことも大きな差でしょう。個人的にはOPの曲、アニメーションどちらともPS2版の出来が良かったとは思いますがFateという作品にどちらがあっているかといわれるとPC版じゃないかなと思います。
しかし、EDの曲は断然PS2版のほうが良いです。

PC版の18禁の部分はPS2版ではもちろん変わっています。
セイバー編、凛編はエロシーンが別のに変わったことにより逆に深みが増したといえるでしょう。それぞれのキャラの深層イメージを出したことが良かったと思います。
逆に桜編はエロシーンが削られグロシーンもマイルド化されているので彼女の生い立ちが非常に曖昧なものになってしまっています。
桜の生い立ちは非常に重要なファクターなのでこれはちょっと残念でした。

システムのほうはほとんどPC版と遜色ありません。
というかパワーアップしています。選択肢のところでクイックセーブ、ロード機能がついたことによりやり直しが簡単にできるようになりました。またバックスクロールで文章を戻しても音声を再生できるところやキャラ別に音量を設定できる機能はもはや「無駄」ともいえるかもしれません(笑)

ということで「Fate 完全版」というのがPS2の位置づけでしょう。
追加されているCG、音楽はかなり出来が良く強化された演出や声優さんの名演技で物語自体も深みを増しています。
PC版をやったことない人にもやっている人にもお勧め。
ただし、プレイ時間はフルボイスをすべて聞くと90時間から100時間は覚悟しておいてください。
さらにゲームに加えてですが現在Fate/Zeroという小説が発売中です。
これはゲームで舞台となる聖杯戦争の一つ前の聖杯戦争が舞台となっています。主人公は士郎の親でもある切継です。
これを読むとゲーム中に出てくる彼の台詞やセイバーやイリヤのやり取りが非常に深くなるので是非こちらも読んでください。
今2巻までが発売中で3巻は7月、4巻は冬発売予定です。

紹介
Fate/stay night アレンジアルバム「AVALON」のmp3&壁紙&ライナーノーツを公開しました!
かなり質の高いアレンジです。
私のお勧めはExcalibur、Avalon、Unlimited Blade Works、[Lorelei] stay night、Brilliant Yearsかな。


Fate / Stay Night レアルタ・ヌア 予約がすごいらしい
Fate/stay night[Realta Nua]感想その1 TYPE-MOONは愛すべき馬鹿
Fate/stay night[Realta Nua]感想その2&売り上げ好調らしい
フェイト/ステイナイト [レアルタ・ヌァ]感想その3ネタバレほぼ無し&コンプセレクションズ買ってきた&50万ヒットありがとうございます
Fate/stay night[Realta Nua]感想その4&Fate胸像コレクションアナザーバージョン全部揃った(今のところ)
Fate/stay night[Realta Nua]感想その5&Fate胸像コレクションアナザーバージョンフルコンプ!
Fate/stay night[Realta Nua] Last Episodeの感想&全体の感想 タイガー道場もフルコンプした!
Fate/stay night[Realta Nua]感想その6&売り上げ16万超えたらしい
Fate/stay night[Realta Nua]ORIGINAL SOUNDTRACK(初回限定盤)買った
Fate/stay night [Realta Nua] 週間売上は13万本越え
リボルテックセイバーを手に入れた
Fate/side side materiale 3公開&MAD「IJTM」紹介
Fateコレクションポスター専用バインダーが届いた&TYPE-MOONから迷惑メールじゃなくてバナーキャンペーンご協力壁紙が届いた

Fate/stay night レビュー
「Fate/hollow ataraxia」レビュー

Fate/Zero 感想その1
「Fate/Zero Vol,2 -王たちの狂宴-」 感想

Fate/stay night [Realta Nua] 応援バナー
別窓 | ゲームレビュー | コメント:0 | トラックバック:0
「Ys ORIGIN」レビュー
2007-02-18 Sun 20:52
「Ys ORIGIN」レビュー

メーカー Falcom            評価 Ys1,2プレイ済み 90/100
プラットフォーム PC             プレイしてない 80/100

<魔>の侵略により滅びゆく理想郷<イース>。
双子の女神が姿を消し、全ての希望が失われたとき、
そびえ立つ魔の<塔>に若者たちは挑む。

英雄伝説と並びファルコムの看板シリーズ「Ys」の新作がオリジンです。
オリジンはYs1,2のような事件が何故起こったか?1,2では伝説として伝承されていたYs王国の全貌が明らかになります。スターウォーズで例えるならYs1,2→SW EP4~6、オリジン→SW EP1~3になりまさしくYsシリーズの「オリジン(起源)」という内容です。
また、舞台がYs1,2の700年前となり今までの主人公であるアドルから主役が交代しています。今までのYsがYsという名前のYsとはあまり関係ない「アドル冒険記」だったのに対しようやく本来の「Ys」という舞台に戻ってきたゲームでもあります。


・ストーリー
主役は3人でユニカ、ユーゴをクリアすることにより第三の主人公が現れます。Ysとしては初めての試みですがこれは賛否両論でしょう。
たとえばユニカが○をやっているときにユーゴは□をやっていたという話なら良いのですが基本的に最初の2つのストーリーはifの世界+内容はだいたい同じということで似た内容を2回やることになるわけです。
第三の主人公の話もifですがこれが正史のようで他の二つに比べてストーリー内容がかなり良いです。
Ysシリーズはストーリーはある意味オマケのようなものでしたが3番目のストーリーがすごく良いだけに他の2人も同じように頑張ってくれたら!とオリジンはこの点だけが残念でした。
評価でYs1,2をやってない人の場合は80/100とした理由がこれですね。

しかし、Ys1,2をやっているとアドルに受け継がれる剣、Ys1,2ででてくるハーモニカ、さらにボスキャラ達と懐かしい&その由来が分かるとYs1,2をやってない人に比べて楽しさは倍くらいになります。
ダームの塔の仕掛けも「ニヤリ」と思わずなってしまいます。
ラストもYs1,2をやっているとものすごく感慨深くなります。


・アクション
Ysの華ともいえるアクションは最高に面白い!
キャラを動かしているだけで楽しい&爽快というアクションゲームとしてかなりの完成度でしょう。これはYs6→フェルガナ→オリジンと正統進化してきた完成形でしょうね。
Ysの売りでもある巨大ボス戦も健在です。
主人公3人とも特徴が違うのですべて違うゲームのように遊べるのもGOOD!

・音楽
ファルコムの音楽にハズレというものは(私の知る限り)ありませんでした。今回も見事に期待に答えてくれてOPの曲、ステージの曲、EDの曲、ボス戦、さらに過去シリーズのアレンジとかなり良い曲が多いです。


・フィールド&グラフィック
冒険の舞台こそダームの塔だけですがその塔内部のフィールドは多彩です。
溶岩ステージ、水中ステージ、砂ステージ、鏡ステージ、悪魔の回廊などなど色々あるので「冒険が塔だけ?」と心配している人も安心です。
逆にアドルが冒険する700年後のダームの塔を思い出すと700年の間にダームの塔に何があったんだ?と疑問を持ちますが(笑)

グラフィックはファルコムらしく非常に細かく綺麗で温かみのあるグラフィックです。キャラクターも2頭身ながらファルコムらしくチビキャラ劇場で物語を盛り上げます。


ということでせっかく3人主人公がいるのにそれをストーリー面にあまり生かせなかったという欠点はありますがその欠点を補って余るほどの面白さがあるゲームでした。特にYs1,2が好きな人はプレイすると感動するでしょう。
1,2ではどちらかというとフィーナにスポットが当てられてましたがオリジンはレアにスポットが当たっています。レアファンはやるべし!

ys07.jpg

ANCIENT YS VANISHED OMEN

「イース・オリジン」の高解像度プロモーションムービー公開!!
Ys ORIGIN 届いた!!&レア様が新聞に登場!
Ys オリジン 感想その1
イース オリジン 感想その2
Ys ORIGIN 感想その3 & ルビーの取り忘れに注意!
イース・オリジン 感想その4
別窓 | ゲームレビュー | コメント:0 | トラックバック:0
ゼノサーガ エピソードIII [ツァラトゥストラはかく語りき]レビュー
2007-01-08 Mon 20:18
ゼノサーガ エピソードIII [ツァラトゥストラはかく語りき]レビュー


メーカー ナムコ
プラットフォーム PS2               評価80/100


ようやくPS2でテンポよく遊べるゼノサーガが発売された!
ゼノサーガEP3の感想の最大のポイントはこれかもしれません。
EP1やEP2のときのテンポの悪さが解消され非常にストレスなくプレイできます。これを最初からやって欲しかったですね。


 ストーリー自体はゼノサーガの壮大な物語をよくまとめています。
しかし、一応それぞれの人物達にきちんと決着をつけてはいますがちょっと急ぎすぎたかなという気もします。謎がそのまま残っている部分もありますしね。これはゼノサーガというシリーズが元々7、8ほど続く予定だったらしく(ゼノギアスがその中の一つになる)それを3つで終わらせたためそれ以降に語る予定だったものが謎として「それじゃあ、あとは自分で考えてみて」と残ってしまったのでしょう。とはいえEP1~3ででてきたキャラクターに関しては上記しましたが決着は一応ついています。


 グラフィックは非常に綺麗です。EP1、EP2とグラフィックは綺麗だったのですがEP3で完成させた感じですね。さらにこのグラフィックで戦闘やマップ移動のロードも少なくストレスなく遊べるのはGooD!
キャラデザもEP1のアニメ調とEP2のリアル志向の間くらいで私はEP3のキャラデザが一番気に入りました
しかし、音楽は微妙でしたね。良かったのは1,2個であまり耳に残りませんでした。


 そして変わったな~と感じたのは戦闘です。□□○でAという必殺技が発動といったコマンド形式が攻撃というものを選んで攻撃させる、必殺技の必殺技というものを選んで行うというごく「普通」のターン制RPGになっていました。これは個人的に残念でした。
EP2のめんどくさい戦闘システムは論外ですがEP3をやる前にDSでプレイしたEP1・2はPS2版EP1のシステムをかなりいい感じに昇華させていました。EP3の戦闘はDS版のシステムをさらに昇華させたものと思ってプレイしたいたのでガッカリ度が高かったですね。しかし、EP2でなくなっていた装備という概念や必殺技の概念がEP3で復活したのは良かったです。


 そしてEP3はEP1、EP2と違いDS版同様にイベントをいつでも見れるようになったのが良かったです。ゼノシリーズ特有の小難しいストーリーを分かりやすくするために用語辞典や説明文も読めます(地味にクリア後も更新してあります)。というよりこのデータベースがないと話がきちんと分からないのは欠点かな。


 という感じでEP1、EP2というゲームをクリアした猛者ならEP3という完結編はやるべきでしょう。ところどころ強引に決着をつけた感はありますがストーリー全体を見てみると上手くまとまっています。


ゼノサーガEP3 感想その1
ゼノサーガEP3 感想その2
ゼノサーガEP3 感想その3
ゼノサーガEP1 レビュー
ゼノサーガEP2 レビュー
ゼノサーガ I・II レビュー
別窓 | ゲームレビュー | コメント:0 | トラックバック:0
ファンタシースターユニバースレビュー
2006-11-12 Sun 19:47
ファンタシースターユニバースレビュー
メーカー セガ                     評価 70/100
プラットフォーム PS2,PC,

まず断っておきたいのはこの評価は私がプレイしていた9月までの評価ということです。
10月以降追加されたコンテンツ部分は含まれていません。
従って現在の評価ということではないことに注意してください。

 PSUはPSOでは「おまけ」程度しかなかったシングルモードが強化されているのが特徴です。が、シングルモードのストーリーはお世辞にも出来がいいとは言い難い(かなり陳腐なストーリー展開&陳腐なキャラ)のでやはりPSUもPSO同様オンラインモードが主になってきます。

 オンラインモードではまず自分のキャラクターを作成します。
このキャラクター作成のバリエーションは豊富でかなりいいです。他人とキャラがかぶることはよほどのことがない限りないでしょう。
 キャラを作るとまず自分の部屋(マイルーム)でチュートリアルを受けその後街にでることになります。この街はPSOと違いMMOの街のように広いものとなっています。
それはいいのですが、本当に単純に広くしただけのような感じでMMOのように街の観光をするといったようなことはあまりできません。NPCも泥人形がたくさん歩いているだけで話しかけることができるNPCはほとんどいませんしね…

 実際の戦闘部分ですがそこそこアクション性があるので俗に言う「クリックゲーム」より飽きは来ません。が、個人的にPSOのほうが爽快感があったと思いますしフォースの仕様も杖依存(PSUでは各杖にテクニックを振り分けるようになった)なのがアウト。
それ+コンテンツ不足でバトルフィールドもスキルもなにもかもが少ない感じです。せめて最初からオフラインで使える奴は使えるようにして欲しかった。今では惑星が一つにストーリーミッションが追加されているので以前よりはマシになっているかもしれませんけどね。PSOにあったPvPモードもありませんし、コンテンツを小出しにしすぎです。とはいえパーティ組んでモンスターを倒すのは結構面白いです。

パーティプレイは面白いのですがミッションが終わると貰える報酬が連帯責任で変わるというのがネックになっています。誰か死ぬとデスペナルティでパーティ全員の報酬が下がるわけです。私の場合プレイ記見てもらえると分かりますが「馬鹿プレイ」が結構好きなのでチャット死でもすると他人に迷惑がかかるのであまり「馬鹿プレイ」できないのが残念でした。
また、これによって報酬を貰う効率だけを重視した周回プレイ(同じミッションをずっと繰り返す)などマニュアル化したプレイスタイルが定着してしまっているのが残念。
また、手付け仕様(敵に攻撃してないと経験値が貰えない)という仕様で「自分は回復役に専念する!!」というようなプレイはあまりできませんし、フォースなど攻撃速度が遅いキャラクターは銃や弓を使ってまず敵に攻撃しておくといったプレイスタイルになってしまいます。「フォースは魔法しか使わない!!」というポリシーだと結構きついです。

 オンラインというと人と一緒に遊ぶわけですがPSUのコミュニケーション部分はその場にいる人とのチャット機能は充実しているものの(これだけは無駄にすごい)その他はギャグのように駄目でした。離れている人とチャットするにはいちいちシンプルメールを送らないと駄目、ログイン情報もパートナーカードを渡してないと分からないなどなど。このあたりはMOよりそういう機能がいらないと思われるRTSやFPSですら当然ある機能です。マイルームを飾りつけで色々個性を出せる、自分でショップを開いて合成したアイテムや強化した武器を売れるのは良かったですけどね。
 
 それとこれはゲーム部分とは関係ないのですがセガの運営が駄目すぎました。評価は70としていますが運営まで考えた場合本当に評価10とか20です。詳しくはプレイ記の最初のほうを見てもらうと分かります。まあ、恐らく今はきちんとプレイできるとは思いますけどね。


 ということでパッケージを買って1ヶ月遊ぶ分にはいいゲームだと思いますがMMO並みの月額を払ってまで続けるゲームでもありませんでした。
いろんな意味で「惜しい」ゲームですね。


PSUプレイ記
別窓 | ゲームレビュー | コメント:0 | トラックバック:0
「ゼノサーガ I・II」レビュー
2006-10-29 Sun 19:13
「ゼノサーガ I・II」レビュー
メーカー ナムコ                  評価70/100
プラットフォーム NDS

PS2で発売されたEP1、EP2を一本にまとめEP3をやる前におさらいにやるのに最適なゲームです。DSソフトということでPS2でネックだったロード時間などが短縮されておりプレイはかなり快適となっています。

・プレイが快適になった
最初にも書きましたがロード時間はほとんどありません。ゼノサーガは戦闘に入るまでのロードなどが非常に長くプレイしててちょっとイライラすることがありましたがDS版は快適にプレイできレベル上げもサクサクできます。
また、セーブがどこでもできるようになり携帯ゲームの強みである「どこでも」「短時間」でプレイできるのがGOODですね。
ダンジョンも短くなりストーリーを追いやすくなりました。ゼノサーガはストーリーあってなんぼなのでこのあたりも良かったですね。

・キャラデザと戦闘
PS2版はEP1、EP2とキャラデザ、戦闘が大きく変わっていますがDS版はEP1が基本となっています。EP2はキャラデザ、戦闘システム共に微妙だったのでこれはいい変更でした。戦闘もEP1のシステムに戦闘マップを移動させキャラ配置を変えることによって陣形を組み色々な効果を得ることができます。

・音楽
これはちょっと残念でした。記憶に残っているのが2,3個でほとんど記憶に残ってません。

・ムービーやイベント
PS2版ではゼノサーガ=ムービーゲームと言われるくらいムービーが長かったのですがDSはそんな容量はないので大部分がカットされていますがここぞというところではちょこっと流れます。基本的に2Dキャラによるドット劇場イベントでゲームが進行します。
ムービーがカットされているのでちょこちょこPS2版にあった話が変わったりなくなったりしていますがEP3のための伏線みたいな感じで多くのイベントが追加されているので話自体はDS版が分かりやすいかもしれませんね。
プレイ時間自体はEPI IIが一緒になってますがPS2版のEP1、EP2単体と同じくらいか少ないくらいです。PS2版がいかにムービーが長かったかが分かりますね…

・クリア特典
クリアすると音楽、CG、ムービーが閲覧できるようになります。これはPS2版にはなかったのでGOOD。


ということでサクサク進むのでPS2版をプレイした人はEP3をやる前におさらいのために、PS2版をやったことない人はEP3をやる前に前の話がどういうものだったかを短時間で理解するためにやるにはいいソフトです。
しかし、EPI IIで終了なのでこのソフトだけでは完結しません。なのでPS2版のEP3をやる予定のない人はやってもあまり意味ないかもしれません。
とはいえストーリー自体は抜群にいいのでEP3をやる予定のない人もこれやるとEP3をやりたくなると思います。


「ゼノサーガ I・II」感想その1
「ゼノサーガ I・II」感想その2
「ゼノサーガ I・II」感想その3
ゼノサーガEPISODE1 「力への意思」
Xenosaga EPISODE II 善悪の彼岸 レビュー
ゼノサーガ エピソードIII [ツァラトゥストラはかく語りき]感想その1
ゼノサーガ エピソードIII [ツァラトゥストラはかく語りき]感想その2
別窓 | ゲームレビュー | コメント:0 | トラックバック:0
BACK | COMU | NEXT