[PR] ペット用品
ゲーム情報、ゲームレビュー、日記、その他いろいろ
バトルフィールド2レビュー
2006-01-28 Sat 18:30

バトルフィールド2レビュー

メーカー EA           お勧め度●●●●●●●●●○
プラットフォーム PC

危険な戦場を生き抜き、勝者の栄誉を掴め!
新しい戦場は、最も過酷な現代へ。

バトルフィールド2購入!!
「バトルフィールド2」が面白い

パッケージに「戦争のリアリティを徹底的に追及」と書いてあるようにこのゲームは臨場感がすごいです。飛び交う弾丸、頭上をものすごいスピードで飛行する戦闘機、いやらしく狙ってくる戦闘ヘリ、目の前の横道からにぬぅっとでてくる戦車、走る兵士、潜伏する兵士、水しぶきを上げて進んでいくボートや地上を颯爽と走るバギー、さらにマップの物体としてある木や建物がものすごいグラフィックで描かれ動いているさまは本当に圧巻の一言。戦争映画に入り込んだ感じがします。


ルールは簡単で決められたポイント(拠点)を征服していくか、相手を全部倒すと(相手のチケットがなくなる)と勝ちです。
出陣できるところは自分の所属する軍が抑えている拠点か小隊に入っているならそのリーダーがいるところです(小隊については後述)。で、出陣する前に自分の兵科(特殊兵、狙撃兵、突撃兵などなど)を選びます。
このようにBFをまったく知らない人でもすぐ分かる簡単ルールなのでFPS初心者でも臆することなく参加できるのがポイントですね。

しかし、始めたばっかりならどこに行けばいいかも分からず出会い頭に即効で殺されまくるでしょう。そこでお勧めしたいのが小隊に入ることです。
小隊に入るとそこのリーダーが何をするかを指示してくれます。「○○を攻撃」「○○に移動」「○○を防衛」とポインターで指示してくれるので、同じ小隊の仲間についていきましょう。それでマップの把握やどのように動けばいいかがなんとなく分かると思います。
上手なリーダーは上手く相手の裏を取るようなルート取りをして導いてくれます。
さらに小隊に入っていると死んだ場合復活するポイントが拠点だけでなくリーダーがいるところでもできるのでGOODです。
なので、小隊に入ったときはリーダーを守る形で進むことになります。
逆に入った小隊のリーダーが指示なし、自分が真っ先につっこんで死ぬような人でしたらとりあえず離脱しましょう。


BF2の指令系統は司令官→小隊長→隊員となっており、司令官が全体の指揮をします。
攻めるポイントを告げたり、物資を投下したりいろいろと司令官はすることがありますが、BFの本来の楽しみとはちょっと違うかな~みたいな感じですね。
どっちかというとユニットが言うことを聞かないRTSやってる気が・・・


という感じで大迫力の戦場を体験できる思わずはまってしまうゲームです。
乗り物も装甲車、戦車、戦闘機、戦闘ヘリ、ボートなどがあり、運転手、砲撃手に分かれたりして戦場で暴れられます。
マルチプレイも最大64人と大人数でのコンバット戦ができてGOOD。

ということで「敵だ!!」「攻撃!!」「回り込んで拠点押さえますよー」「移動するから乗り物に乗れ!!」と味方と連携して軍の勝利に向かって戦いましょう。
間違っても味方を撃ったり、装甲車で轢いたりしないように!!
ちなみにアメリカ軍、 MEC、中国軍とありますがこの3つの陣営がなぜ戦っているかは永遠の謎です。そのあたりつっこまないように。



注意:これはPC版BF2のレビューです。PS2版BF2はファミ通や海外のレビューを読む限りPC版とは別物のようなのでPS2版のBF2を買うときの参考にはしないようにしてください。

スポンサーサイト
別窓 | ゲームレビュー | コメント:0 | トラックバック:0
<<「大神」詰めらしい | COMU | 「英雄伝説 空の軌跡 SC」公式サイトでドラマCDのサンプルが聴ける>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| COMU |